リーダーに聞く「私たちの仕事とは?」

2004年にISO9001品質マネジメントシステムを構築し、「技術で信頼を確保し、顧客に信頼と満足を提供する」を品質方針に掲げ、全社一丸となって安全で快適な暮らしのために電気産業分野と地域社会に貢献する企業を目指して活動しております。

建てる

地域の拠点としての使命感

送電工事業において、測量・設計・施工(基礎工事・組立工事・架線工事・付帯工事)・メンテナンス等のすべてに対応できる点が、メイワの大きな特長です。
しかし日常業務だけで「いつも電気が使える暮らし」が守られているわけではありません。
常に社員全員が「有事にはここが拠点になる」という使命感を持ち、自然災害に起因する電気事故にいち早く対応できる様に、定期的に訓練しています。

これからも浜通り地区の皆様に、「メイワがあるから大丈夫」と安心していただける地元企業として邁進して参ります。

工務部長 遠藤和之

支える

協力しあえるプロ集団

一口に送電工事と言っても、その工程は多岐に渡ります。
そのほとんどを施工できるメイワですが、社内には「設計と施工」「基礎工事と組立工事」といった具合に、異なる部署同士が情報を共有し、手を貸し合える小回りの良さがあります。
仕事に透明性があることは、品質や効率、安全性の向上につながるだけでなく、社員個人のスキルを高め、オールラウンドプレイヤーを育てます。

我が社は社員一人一人が仕事全体を見渡せ、協力し合えるプロ集団です。

統括管理部長 石井照久

育てる

人が育つところに会社が育つ

「働き方改革」をはじめ、労働時間や賃金体制・有給休暇等を見直し、社員が働きやすい環境作りを考え実行しています。
たとえば新入社員には座学を中心とした数か月の研修を実施し、上司や同僚がメンター制度や定期面談を通して見守り、手助けします。
また勤続年数に応じて各種資格取得をバックアップすることで、若い人たちはその時々の成長を実感し、自信を持つ様になります。

会社を発展させていくために、人をどう支え、個々の能力をどう伸ばしていくか。
人が育つところに会社が育つ、そう考えています。

総務部長 植高貴光

守る

マニュアル以上の安全対策

安全対策は、細かくマニュアルに定められていますが、さらに上の「あたりまえの安全」でなければなりません。
指摘する側に知識がないとアドバイスできませんから、常に事例や情報を収集し、発信しています。
私が見つける改善課題がどんなに細かいことだとしても、また現場を訪ねる安全パトロールが社員には少し煙たい存在だとしても、これからも「その方法で大丈夫?」と問いかけ、「もっと工夫しよう」と言い続けます。

一人一人の中に安全意識が“醸成”され定着していけば、その人が別の人にも伝え、安全はより盤石になると思いますから。

安全品質推進部長 浜野鎮一